2008年04月19日

成績低迷こそチャンス

今季の清水エスパルスは、リーグ第6節を終えた段階ですが、1勝4敗1分で16位と、非常に低迷しております。

しかし、観客動員に関して言うと、今シーズンは昨年・一昨年の同時期に比べて、確実に増加しています。

確かに、負け試合が続くと試合後の雰囲気も暗くなり、次にスタジアムに行く気が失せますが、それでもなお日本平を訪れるファン・サポーターはあまり減っていないのは、少し意外かもしれません。

実は、大変不謹慎かもしれませんが、成績低迷期こそ、何度もスタジアムに訪れてくれる「リピーター」を増やす最大のチャンスだと私は思っています。

「苦しい時の友は真の友」ではないですが、勝って増えた観客は負けた時の逃げ足は速いですが、負けても減らない客(応援し続けたサポーター)は間違いなくクラブにとって底堅い存在であり続けるでしょう。

そう考えると、エスパルスにとって、今この時期は安定した客層=リピーターを増やす、最大のチャンスかもしれません。

私も、その一助が出来たら‥ と考える今日この頃です。

posted by 東山米鈍 at 01:33| Comment(2) | TrackBack(0) | エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です
苦しいときを乗り越えて軌道に乗れば、私のように現地観戦が麻薬になります

そのためには、応援をもっと身近にしたいですね
mixiのコミュにも書きましたが、応援がわかりにくいという問題が上がってます
今応援団の有志が、試合前に応援マニュアルをスタンドで配ってます。
コミュの方の意見では、メイン・バックも配って欲しいという意見でした
しかし、毎回配ると試合後ごみになりエスパルスのエコキャンペーンに反してしまいます

そこで、マッチデーに応援マニュアルを組み込めればごみになる比率が減りますし、マッチデーの売り上げも上がり1石二鳥ではないかと思います

Posted by F at 2008年04月19日 08:56
Fさん、コメントありがとう。
応援マニュアルのメイン・バックでの配布は希望者だけに限定するような配り方でしたらOKだと私も思います。

ただし、マッチデーへの応援マニュアルの組み込みは、応援方法や曲の是非があるので、どうでしょうか?

その、マッチデーの内容については、応援マニュアル掲載の是非を含め、私も色々な方に改善案の聞き込みをしようと思っておりますので、まとまり次第ご報告しますね。
Posted by 東山米純 at 2008年04月19日 09:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93864254

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。