2010年04月03日

終了間際のCKの是非

久しぶりに更新します。

先日アウスタで行われたJリーグヤマザキナビスコカップ第一節の湘南戦、エスパルスは2−0で勝利しました。


前半からボールポゼッションは高かったものの、なかなか湘南の粘り強い守備を崩しきれず、逆に速攻から何度かピンチを招くなど、エスパルスファンにとっては大変ストレスがたまる展開でした。

しかし、85分にヨンセンが相手DFに倒されて獲得したPKを藤本が着実に決めてようやく先制しました。

そしてロスタイム、再度獲得したPKは相手GK(野澤)の好セーブもあり得点出来ず、スタジアムにはそのままタイムアップを迎える雰囲気が漂っていましたが、その流れに反抗したのが、入団三年目の大前元紀でした。

アディッショナルタイム(ロスタイム)も表示の3分にそろそろ差し掛かるところ、コーナー付近でのボールキープを選択するプレーヤーが多い中、大前は敢えてゴール前に上げヘディングによる原の追加点をアシストしました。

この時、味方選手(山本真希)が時間稼ぎ目的でショートコーナーを受け取りに近寄りましたが、彼は敢えて追加点を取るため相手DFが少ないゴール前への球出しを選択しました。

これはある意味非常に意義あることだと思います。

この試合は6試合ある一次リーグの初戦であること、そして今まで試合出場が少ない選手たちにとっては絶好のPRの場であること、そして何より相手選手が前線に多くの人数を割いた為、ゴール前の守備が手薄でゴール前に上げれば追加点の可能性がかなりあったなどを考えれば、大前の選択は(仮に失敗してカウンターを許したとしても)正しかったのではないでしょうか?

もし、コーナー付近でボールをキープしても、稼げる時間はそうは多くありません。

今後の試合でもこういったケースはあると思いますが、決まり事のように時間稼ぎをするのではなく、この日の大前のように追加点を取りに行くことで、同じ一勝でもより意義を高めることが、(タイトルを取る為には)今後は肝要でしょう。
posted by 東山米鈍 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145472191

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。