2009年03月07日

目標は当然「リーグ優勝」

2009年のJリーグは本日開幕します。

今年も、去年に引き続き自分なりに考えた今季2009年シーズンの清水エスパルスの目標を簡潔に列挙します。

1.リーグ優勝、もしくは勝ち点68以上。

2.天皇杯、ナビスコ杯のどちらかのタイトル獲得。

3.リーグ戦ホーム観客動員 一試合平均17,500人突破。

4.昨年に引き続き高円宮杯獲得、もしくは反則ポイントリーグ最少。

5.A代表選出3名以上。

【その他】
*入団三年未満の選手のブレイク。
*得点王の輩出。
*クラブの単年度黒字経営。
*後援会・ボランティア活動の更なる拡充、及び活動の活性化。
*スタジアムの改装・新設案の具現化。
*サポーターの暴挙の撲滅。 

等‥


前ブログの順位予想で、私は清水エスパルス優勝を予想しましたが、これは願望や妄想などでは決してなく、クラブの戦力や熟成度、各選手の伸びしろ、更にはスタッフの本気度などを他のJ1クラブと比較して冷静に判断した結果の順位です。

したがって、クラブの目標もリーグ優勝となります。
また、カップ戦も同様で当然タイトル獲得が目標です。

営業面では、昨年末社長が表明したリーグ戦一試合平均の観客動員の数、17,500人を突破が非常に現実的な目標になります。今年は4/29にホーム試合でエコパ開催があり、おそらくこの試合で平均観客数が500〜1000人程度は引き上げられ可能性が高いです。そのため、他のアウスタ開催試合で昨年より平均500人動員(17,200人)が増えれば、18,000人を突破する可能性も出てきます。

また、フェアプレーの姿勢をしっかりクラブやサポーターに根付かせる、または周囲に認知させる意味でも、2年連続の高円宮杯を狙って欲しいと思います。

更に今年はW杯前年であり、A代表の試合としてはかなり注目度の高いW杯最終予選もあるので、A代表にエスパルスの選手を送り込むこともクラブは意識して欲しいと思います。(これはグッズ収入や観客動員アップなど営業面にかなりプラスに働きます。)

その他の項目は、私が普段感じていたことを列挙しただけですが、チームの成績以外でもまだまだやるべきことは多いと思います。抽象的な内容ばかりですが、長期的な課題でもあるのでシーズン終了後に再度定点検証してみたいと思います。

各項目の目標の重要度は1>2>3>4>5>その他の順。

今季、この目標の達成に必要なのは、選手・スタッフ・職員・ボランティア・そしてファン・サポーター全員が当事者意識をしっかり持ってエスパルスを支えることです。

当然、順風満帆な時期ばかりではありませんが、特に我々サポーターは、苦しいときこそ当事者としてクラブを支えていきたいですね。

昨年はシーズン前に掲げた4つの目標のうち、1つしか(フェアプレー賞)した達成できませんでしたが、今季こそはすべての項目で目標を達成して欲しいと願います。
posted by 東山米鈍 at 00:51| Comment(2) | TrackBack(0) | エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>今季、この目標の達成に必要なのは、選手・スタッフ・職員・ボランティア・そしてファン・サポーター全員が当事者意識をしっかり持ってエスパルスを支えることです。

私も、ホームではリピーターを増やすべく、ボランティアに励みます。
アウェイでははじけちゃうかも(笑)
Posted by ほただん at 2009年03月07日 19:05
ほただんさん

いつもホームではボランティアお疲れ様です。
今年もお互いにリピーターを増やすために頑張っていきましょう。

そしてハァハァ‥
Posted by 東山米鈍 at 2009年03月08日 21:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115254964

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。