2009年02月07日

過小評価されるエスパルス選手

昨日自宅に届いた「エルゴラッソYEAR BOOK 2008」の中で、昨年度のEGアウォードのベストナインが載っていました。

MVP マルキーニョス
ベストナイン GK楢崎(名古屋)、DF内田・岩政・新井場(鹿島)、中澤(横浜FM)、MF青木(鹿島)、中村(川崎)、遠藤(G大阪)、金崎(大分)、小川(名古屋)、FWマルキーニョス(鹿島)

MIP 小川(名古屋)、新人王 長友(FC東京)、特別委員会賞ホベルト&エジミウソン(大分)、最優秀監督 オリヴェイラ(鹿島)

エスパルスサポーターとしては非常に残念なことですが、この中にエスパルスの選手の名前はなく、各部門の次点等の上位ノミネート(合計29名)にも、エスパルスの選手の名前を見付ける事は出来ませんでした。

昨年度のJリーグアウォードでも、ベストナインはおろか優秀選手30名のノミネートにもエスパルスの選手の名前はありませんでした。
(ちなみにJ1の10位以内のクラブでノミネートされた選手が0なのは5位のエスパルスのみ。)


更に言うと、サッカー専門誌の2誌のアウォード企画でもエスパルスの選手は、マガジンのクリスタルアウォードの候補者ノミネート37名中で0名、ダイジェストのSDアウォードでベストナイン11名+次点の計40名の中で1名(FWの次点の4番目にランクインした岡崎)のみでした。

エスパルスが昨季リーグ戦5位、しかも後半戦首位であることは考えると、ここまで選手個人の評価が低いクラブは他にはないのではないでしょうか?

なお、JリーグアウォードでJ開幕以降にベストナインに選ばれたエスパルスの選手は延べ7名のみ(93年の堀池、99年の真田・斉藤・森岡・アレックス・伊東・沢登)、2000年以降は優秀選手の30名にすら選ばれることが少なく、9年間で8名しか選ばれておりません。(その間のチーム通算成績はJ1で6位・J開幕以降では4位)

この現象、エスパルスのサポーターの皆さんはどう思いますか?

たぶん、普段からJリーグを見ている人なら「実力どおり」「妥当な結果だ」と考える人は少ないのではないでしょうか。明らかに過小評価されてますよね。

優勝争いに絡めなかった、首都圏のクラブでない、代表が少ない、中央のマスコミに軽視されている、等理由はいろいろあるかと思います。

しかし、エスパルスの選手が過小評価されている最も大きな原因は、「タイトルを取れていないこと」にあるように私には思えます。

エスパルスがステージ優勝した99年は、前出のようにベストナイン6名(ノミネート10名)、しかもA代表5名・U23代表1名在籍しておりました。

優勝して初めて評価されるのは、クラブばかりでなく選手個人も同様です。

今季は、いや今季こそは、選手が自身の価値を高める意味でもタイトルを奪取して欲しいと感じます。
posted by 東山米鈍 at 21:38| Comment(3) | TrackBack(0) | エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4/29ネタだと絶対思ったのですが・・・違いましたか(笑)
これは自分のブログネタで書かせていただきます。


個人的感想は、決して過小ではなく、致し方ないのかな?と思います。
この手の表彰は
「どれだけメディア&顧客受けよく目立ったか」
を評するモノだと思います。

それに値する選手がエスパルスにいるかと言うと・・・残念ながらいないと思います。
ここ3年のリーグ順位のも、優勝争いより、第2グループの先頭という意味合いが強い順位と思います。
当然タイトルを取れば、自然とこういった表彰の舞台に名前を連ねる事は多くなると思います。

ただこういうネタは実より名を取る傾向が強いので、我々のような全うなコア(斜め目線のコア)サポからしたら、むしろここに名が上がらない方が喜ばしいとニヤリと思っています。
(他にも、@リーグ最小失点記録を更新した大分から守備の選手が1人も選出されてない。A金崎がリーグでどれだけ活躍したか。などツッコミどころは多数です。)

その半面、ライト層を呼び込むのには必要なものかもしれませんが。

ベストイレブンに選出されなくても強い。
これが最も魅力ある「チーム」じゃないかと思います。
Posted by コウ at 2009年02月07日 23:16
タイトルと共に代表選出選手の少なさも関係しているでしょうねぇ。

知名度と言う点では昔から皆無に等しい。

日本人では無いですが全盛期のオリバの存在も一般的には全く知られて無かったですからね。

まあ地元民にも全く知られて無かったけど。

Posted by 鬼退治 at 2009年02月07日 23:54
>コウさん

コメントありがとう。

今回取り上げた話題が4/29の件でなくてすみません。(笑)
コウさんのブログ拝見させて頂きました。
私の主張はコウさんの主張とほぼ同じでした。

ところで、ベストナインについて、たしかに突っ込みどころは満載なんだけどね。


>ベストイレブンに選出されなくても強い。

本当に強ければ、ベストイレブンに選手されてしまいますよ、99年みたいに。(笑)

エスパルスの選手の個人評価が低い件については、コウさんが仰っている通り我々観戦(参戦)暦が比較的長いコアサポは「気にならない」でしょうね。

勝利という成績を上げればいいわけだからね。

ただ、新規層の獲得という側面では、J機構やサッカー誌の個人評価が低いのは明らかにマイナスですよね。

先日Jリーグが発表したデータでは、エスパルスの観客平均年齢が札幌に次いで2位、更に言うと30歳以下の観戦者やここ5年以内に観戦し始めた人の割合が、ダントツで少ないクラブですよね。

参考
http://www.j-league.or.jp/aboutj/2008kansensha.pdf

このデータの詳しい分析はここでは省略しますが、要はこのクラブについて語るときに「コア」「熱心なサポーター」を自認している人ほど、より一層観客動員力をつけチーム力をアップする為には、新規客・ライト層目線の理解が必要だと言うことです。

新規層を獲得するには、選手個人の知名度アップは不可欠ですよね。
特定の選手を見たいために観戦する習慣が付いた例は結構多いと思うので。

前コラムの代表のテーマと少し似てしまいましたが、ライト層を育てないとクラブが良いスパイラルの方向にいかないんですよね。

今回、岡崎が代表で活躍しましたが、この機会にクラブ全体が少しライト層目線も意識する必要があるのかな?と思います。


>鬼退治さん

コメントありがとう。

代表選手も出来れば増やしたいですよね。
幸い今のエスパルスは代表候補の宝庫なので、タイトルを取れば代表選手輩出と両面で知名度がアップしますしね。

現状のエスパルスは(と言うか今までは)、まさに「人知らずして憤らず」という言葉がぴったり当てはまるクラブですが、今後は既に地道に取り組んでいる地域密着活動と共に、選手知名度を上げることでクラブ価値を上げる工夫も必要でしょうね。
Posted by 東山米鈍 at 2009年02月08日 09:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。