2008年11月02日

天皇杯軽視から透けて見える姿勢

今日11月2日、私は西が丘サッカー場に行って来ました。
カードは天皇杯4回戦の東京V−広島、気楽に生観戦を楽しんできました。

試合は戦前の予想通りの展開で、広島が最初からペースを握り押し気味に試合を進めました。

さらに、前半終了間際には東京Vのディエゴがファールに激昂し、相手DFを突き飛ばして一発退場(残留争いもあるのに何やってんだか‥)、その後さらに広島の攻勢が強まりました。

しかし、意外にもスコアは動かず、攻める広島・守る東京Vの構図で0−0のまま時間が進んでいきました。

そして延長戦突入寸前、広島がやっと右サイドのクロスを高柳が合わせゴール。そしてそのまま1−0でタイムアップとなりました。

結局、J2の広島が格上のJ1の東京Vを終盤の劇的ゴールで破るという、波乱の結果となりました。(笑)

私はバックスタンド中央上段で一人で観戦していましたが、はっきり言って東京Vにはこの試合勝とうという意思がまったく見られませんでした。
(なお、この場合の東京Vとは、選手・監督、そしてサポーターの全てを指します。)

このクラブ、昨年・一昨年も同様の試合を繰り広げてJFLのHondaFCと栃木SCに敗れましたが、根本的な部分で天皇杯に臨む姿勢に疑問を感じます。

いや、もっと言えば、クラブとしてのアイデンティティが完全に欠如しているのではないでしょうか?

昨年・一昨年は昇格争い・そして今年は残留争いというもっともらしい言い訳を前提にして、体のいい手抜き試合をしている様にしか私には思えません。(ついでにいえば、今年のナビスコ杯予選リーグも同様です。)

一向に増えない観客、そしてそれにまったく見合わない無駄な選手補強を場当たり的に繰り返し、その選手を甘やかして手抜き試合を看過、ついでに言うと親会社の面子頼みの地域密着とは程遠いクラブ運営‥

天皇杯軽視の姿勢から透けて見えるものは、あまりにも虚しい名門クラブの現実でした。


posted by 東山米鈍 at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
少し話題はズレますが犬飼元専務理事が水曜の大分、千葉に対して苦言がありました。

来年の天皇杯の出場権剥奪まで言ってるんですが‥

正直そうして欲しいJのクラブはいくつかはあるのでは。

上記の2チームは水曜開催なのでまだ理解出来る所もありますが日月に試合だったチームは言い訳すら出来んと思います。

いやまあ千葉には少しキレましたけどね。

Posted by 鬼退治 at 2008年11月07日 06:32
新しい記事を立てましたけど、規定がない大会でどのようなメンバーで臨むかは各クラブの姿勢によるべきだと思います。

>いやまあ千葉には少しキレましたけどね。
千葉に関しては、メンバー問題以上に出た選手の「無気力さ」がひどかったですね。
Posted by 東山米鈍 at 2008年11月09日 12:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108982098

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。