2008年08月08日

勝ってはじめて言えること

0−0で終わったナビスコ杯準々決勝の1STレグ、清水エスパルスの守備的な戦い方を批判した相手の鹿島アントラーズの選手の試合後のコメントが、物議を醸しました。

「アントラーイズム」「ジーコイズム」といった言葉をチームコンセプトにしている鹿島が、相手クラブの戦い方を語る事自体笑止千万ですが、中1ヶ月・180分の戦いを終えた今、このコメントについての答えが明確に出ました。

あの発言は、全くの逆効果でした。

というより、発言した選手・そして鹿島というクラブのステータスをまた一段と落とす結果となりました。

特に40番の選手は、試合後の相手や審判への挨拶もせず、チームメイトと別行動で一人で無愛想にピッチを去る姿勢は、プロ選手としての人間性を疑いました。

私は試合後のこの光景を見て、エスパルスサポーターの端くれとして、この40番の選手に対してピッチを去る際にメインスタンドのすぐ上で、選手・サポの総意を大声で怒鳴らせて貰いました。

「小笠原!オマエ相手チームの戦い方言う資格はねーよ!文句があるなら勝ってから言えよ!」

5mくらいの至近距離で大声で怒鳴ったので、間違いなく本人には聞こえたと思いますが、彼はうつむいたまま控え室に消えていきました。

2001年元日の天皇杯決勝以来、私は彼に対して毎試合選手紹介時ブーイングをしていましたが、どうやら彼が引退するまで、そのブーイングは続きそうです。




posted by 東山米鈍 at 01:02| Comment(6) | TrackBack(0) | エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
異議なし
Posted by F at 2008年08月08日 06:22
この件に関しては、相手サポの意見を聞きたいですね。(笑)
Posted by 東山米純 at 2008年08月08日 07:40
挨拶握手拒否するなら、サイン拒否(フェアプレーフラッグ)してほしい。
Posted by ほただん at 2008年08月08日 10:32
>挨拶握手拒否するなら、サイン拒否(フェアプレーフラッグ)してほしい。

そうですね。しかも彼はあのチームの主将ですよ。
形骸化しているフェアプレーフラッグへのサインなんか全くの無意味だから止めて欲しいですね。
Posted by 東山米純 at 2008年08月08日 22:31
>ほただんさん

その通りですね。いい提案です。

あのサインの重みが解ってない選手は何人か居ますね。

形式だけになってるなら止めた方がいいですね。
Posted by 鬼退治 at 2008年08月11日 23:39
>鬼退治さん

そうですね。クラブが本人に何も言えないなら、協会やJ機構が注意すべきレベルの問題だと私は思います。
Posted by 東山米純 at 2008年08月12日 20:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104377816

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。