2008年08月03日

オールスター戦の意義

私は、昨日(8/2)国立で行われた「JOMOカップ2008」に行ってきました。
周知のことですが、今年のJOMOカップは、従来の東西対抗戦形式のオールスター戦ではなく、Jリーグ選抜対Kリーグ選抜という形で行われました。

タイトルに「オールスター戦の意義」と書いたので、この試合を見た私の見解を、単刀直入に述べます。

もう、オールスター戦は再来年から廃止にして下さい。

日本プロ野球やメジャーリーグに倣って始めたこのオールスター戦も、J創生期なら存在意義があったかもしれませんが、既に最近ではその意義を完全に失ってしまっています。何しろ前座のマスコットの運動会が、事実上唯一の集客力となっているようでは‥

日韓戦形式にして、更には国立開催にして27,000人台の動員しか図れないようでは、残念ながら「夢の祭典」というキャッチコピーが虚しく映ります。

本当は、来年から即廃止にして欲しいですが、ホーム&アウェーの慣例に従わなければならないでしょうから来年は韓国で同様の形式で試合が開催されると思います。

Jリーグや代表戦・ACL・カップ戦等の過密日程を緩和する為にも、国内で行われるオールスター戦は昨日を最後にして欲しいと願います。

もし、スポンサー(JOMO)との契約などといった理由で継続するなら、よほど「日韓定期戦」を復活させた方がファン・サポーターのニーズに合い、ひいてはJリーグの発展に繋がるでしょう。

posted by 東山米鈍 at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
異義なし!


試合後のラドンチッチさんのコメント

『みんな信じてもr‥






違いますね。代表日韓戦なら私も試合を見たと思います。と言うか今回は何のオールのスターだったのかよく理解出来ないのですが。

マスコットの運動会は『ビートたけしのスポーツ大将』みたいな番組があればパルもアピール出来るのですがね。

まあパルちゃんはこカールくんとは対戦済みですが。

Posted by 鬼退治 at 2008年08月04日 03:08
各クラブから主力選手を集めて一緒にプレーするのが、オールスターの本来の意義だと思うのですが、それでしたら日本のJリーグの場合は日本代表の試合で充分ですしね。

私の感想ですが、埼玉のクラブと茨城のクラブのレプリカが隣り合わせで座っている当日のゴール裏の風景は、かなり違和感がありましたよ。

マスコットファンには申し訳ないですが、やっぱり要らない試合だよね。
Posted by 東山米純 at 2008年08月06日 07:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104074914

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。