2007年12月01日

契約更改と天皇杯の難しい関係

今日は12月1日です。
Jリーグ最終節、長いリーグ戦のクライマックスを迎えると共に、各選手の契約更新に注目が集まる日です。

現行の日程では、どうしてもこの時期に各選手に契約更新の有無を通知しないと来季の始動が間に合わない為、例年リーグ戦後に行われる天皇杯は、来季契約をしないと決まっている選手も出場し、クラブ・選手・サポーター共少し複雑な心境で試合を迎えることになります。

4年前に書いたこのコラムでは、現行の春秋シーズン制の中で、契約更新時期と元日に決勝を行う天皇杯の整合性を出来るだけ取るという前提で、改革案を考えてみました。

決して抜本的とよばれるような改革案ではなく、現行シーズンを2〜3週間後ろにずらすだけの小さい改革ですが、少しでも天皇杯を「有意義で権威ある大会」にしたいと思い考えました。
(実は既にこのコラムを書いた後、私の案通りになっているものも1つか2つあります。)

是非ご覧下さいませ。

*なお、天皇杯の改革案はまた別のコラムで書く予定です。

【契約更改と天皇杯の難しい関係】2003.12.3
posted by 東山米鈍 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。