2007年11月25日

最終戦を前に

11/24に行われたJ33節、清水エスパルスはジェフ千葉に2−2で引き分け、これにより今季のリーグ4位が確定しました。

鹿島を上回る成績だったらACLに出場出来ましたが、終盤の2試合連続の引き分けにより、カシマスタジアムでの最終節を1試合を残して4位でリーグ戦を終了することになりました。

したがって、順位を一つでも上げるために試合をするとしたら、12/1の鹿島戦はエスパルスにとってはただの「消化試合」でしかありません。
千葉戦終了後も私の周囲のサポーター仲間からも、次節の試合の意義や選手のモチベーションを危惧する意見がいくつかありました。
確かに、ホーム最終戦後にセレモニーをした一週間後に順位が決まった中アウェーで試合をするのはモチベーションを保つにはかなり難しいでしょう。

しかし、何としても最終節は勝ってもらいたいと思います。
理由はいたって単純です。

「鹿島アントラーズに勝つ」こと。

それだけが最大で唯一のモチベーションです。
ご存知の方も多いと思いますが、03年7月以降の4年半、リーグ戦はおろかカップ戦を含めてもこの相手には勝っていません。(7敗4分け)
周知のことだと思いますが、相手は8連勝中でリーグ後半戦は首位、さらには優勝の可能性がある状態で迎える試合です。
端的に言えば、現段階ではJ1で最も強いチームでしょう。

この相手にアウェーで勝つことが出来れば、来季以降の自信になることは間違いないと思います。
間違っても02年や05年のような、アウェーでの最終戦で頻繁に見られる、「無知力試合」にならないことを希望します。

ご参考までに02年の神戸戦後のコラムも貼っておきます。
http://haxahaxa2.seesaa.net/article/37325989.html#more
posted by 東山米鈍 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。